pso2_portrait

ただただPSO2のスクリーンショットを上げていくブログ。

宇宙の光源でも見え方に差があった! 

「シーナリーパス・宇宙」。無限に広がる大宇宙。
Shipは恒星の周りを回っているわけではないので、光源の存在を感じさせません。強いて言うなら無限の星々が光源か。
唯一光源を感じさせるのは、影が微動だにせず、同じ方向に伸びていること。
ただ、マイキャラが光を帯びてまぶしく、どの方向を向いても見え方は同じだと思ってました。

…なのですが、昨日と今日のスクショを見比べてみると肌色の見え方が違う!(肌色のパラメータは全キャラ一緒なんです)
そのことに気づき(気づいたのはラテさんのコメントのおかげなのですが)、検証してみました!

z031.jpg

左から、ベランダを出て正面、左側、右側、反対側(マイルーム方向)。

やっぱり見え方が全然違う。
これ、撮ってるときはわかりづらいんです。こうして比べると歴然と違いますが…。
反対側(マイルーム方向)を向いたときの肌色がくすんでます。順光なので、肌の赤みが飛んでしまうようで…。
逆光の正面の方が肌の赤みが自然に出てる気がします。
左右は明るいところが白飛びしがちですけど、マイキャラが立体的に見えていい感じです。

もちろん、定期的に月がやってくる他のシーナリーパスや、森、洞窟などのバトルフィールドにも光源の向きがあって、
東西南北で見え方が違います。それは気づいていたのですが、「シーナリーパス・宇宙」は気づいてませんでした。
撮る角度によって、髪や体に当たるハイライトの量を調整できるはず。
まぁ、気に入ったハイライト量ばかり撮ってると、いつも同じ方向になって、背景がいつも一緒…なんてことになりそうですが(^_^;
そこに気をつけつつ、いろいろ撮ってみようかと。

相互リンクのご紹介 

z027.jpg

Nights of Knights滑車物語
さんと、相互リンクさせていただきました〜。

数少ない? 男キャラのスクショがいっぱい載ったブログです。
チーム活動がにぎやかで、ぼっちな自分としてはちょっとうらやましかったり。

新年のご挨拶 

z022.jpg

新年、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします^^

シーナリーパス・宇宙の室内の見え方 

z015.jpg

スクショオンリーのブログなのに雑記を連投…。

「シーナリーパス・宇宙」の室内での見え方です。リフォームするか悩んでる方の参考までに。
個人的にはまぶしいって感じでもないかなぁと。マイキャラは青白い光をまとってますけど…。
ナショナルパルックに代えた…程度の違いかと思います。(古っ

森には2種類の光がある 

月を失い、森での撮影を強いられるうちに、
森には2種類の光があり、その場所はランダムではなく、エリアで分かれてることに気づきました。
雨とかを入れるともっと増えると思うのですが、晴れでは大きく分けて2種類だと思います。
そのことをちょっと書こうかと…。

z009.jpg

まずはマルチエリアでもおなじみのエリア2。
ここの光は黄色っぽい感じです。
空から直接降り注ぐ開放的な光というよりは、
深い森の奥のジャングルの隙間から射す光…そんな感じじゃないかなぁと。

では、エリア1はどうかというと…、

z010.jpg

こんな感じ。

何とか同じポーズで…と思ったのですが、すみません。視線が合いませんでした。
視線のコントロールの法則は、未だによくわかってなくて…。
キャラの方向とカメラの位置、高さが影響してるのは感じてるのですが、
どう動かしたら、視線がどっちを向くのか、未だに不明で…。
わかったら、ここに書こうと思います。

で、なのですが、
エリア1の光は、明るく開放的に降り注いでる感じで、色合いは赤みがかってます。
なので、キャラが可愛く見えるなぁと。

もう1つポーズを…、

z011.jpg

言わずと知れた、ロビアク「セクシー」。
遠景の凍土の山、降り注ぐ光…色合いもバリエーションがあって、パッと撮るだけで見映えがします。
なので、最近のSSはエリア1ばっかりだったり。

けど、エリア2がダメダメなのかというと、そうではなくて…、

z012.jpg

これは以前、ツイッターに上げた、あえて顔を見せてないカットですが、
光の当たり具合のおかげで、見え方が実写っぽいというか、リアルな気がします。
逆に、エリア1は漫画っぽいというか、キャラクターっぽいというか…。

光の差でそんな違いが生まれるのって、面白いです。3Dならではだなぁと。

そんなわけで、マイキャラが2つのエリアで違って見えてますよ〜という、ご報告でした。

ついでに、月が出てる時のマイルームでのマイキャラの見え方を…、

z013.jpg

これも、以前ツイッターに上げた画像で、脇の肋骨の影がある時のものです。

この光が、個人的には一番好みの見え方です。強すぎず、程よく明るいというか…。
脇の肋骨に続いて、月まで失われないことを願うばかりで…。
(脇の肋骨、個人的には好きでした。体型によっては、見えるのがおかしいケースがありましたけど)

来週水曜日、どうなることやら…。
とりあえず、森での撮影を続けよう…。